ホーム > SEO

SEOとは

SEOとは

SEO(検索エンジン最適化、英: Search Engine Optimization)とは。

自らのホームページをYahooやGoogleなどの検索エンジンにおいて検索結果の上位に表示されるために工夫することをSEOといいます。

そのための対策をSEO対策といいます。

SEOを実施する目的

企業がSEOを実施することの目的は、一言であらわせば検索を通じてビジネスを成長させることです。正しいSEOは、「設計」「技術」「マーケティング」などあらゆる側面からサイトを改善することを通じて、Webサイトが検索結果でより多くの露出を得ることを実現します。

SEOの特徴として、広告と異なり、アクセスを獲得することに直接的な費用がかからないことから、Webサイトに多くのアクセスを集めたい商用メディアにおいては必須の取り組みであることがほとんどです。

正しいSEOで得られる成果

p>SEOで得られる成果は、単発の成果ではなく、ブラックハットのように個々のキーワードのランキング上昇といった限定的な成果でもなく、継続的に積み上げられていく成果です。

「費用⇔収益」ではなく「投資⇔資産の蓄積」と考えて取り組まなければこうした効果は得られません

「検索順位は不確定、よってSEOも不安定な取り組み」は誤り、

よく「検索順位は検索アルゴリズムの変更で変わってしまう、不安定な取り組みだからSEOには投資しない」と言われる声があります。

それは検索エンジンやSEOへの理解が著しく欠けているために使われる表現で、本来は、正しく行えばほとんどのサイトにおいて確実にプラスの成果が得られる取り組みと断言できます。

一般的な認識の大半は「SEO=上位表示させること=ブラックハットSEO」

だからです。

少なくともこれから企業がSEOを行うにあたってこうした過去の考え方は捨てて頂き、まっすぐにSEOに取り組んでいく必要があります。

企業が取り組むべきSEO

これから企業が取り組むべきSEOは、有益なコンテンツを配信し、リンクをサイトに集め(=色々な外部サイトで言及、紹介されるよう努力し)、検索エンジンから見たサイトの価値をあげるだけではなく、ユーザーにとっても高い価値を提供できるサイト運営をしていくことにほかなりません。

また、現時点での検索エンジンの技術的制約を理解し、高めたサイトの価値を正しく検索エンジンに認識されるための工夫も必要です。

こうしたことを効率よく実行し成功に導くには多くの知識や経験も必要ですし、同時に時間も労力も必要とされる取り組みといえますが、その分成功すれば大きなリターンを得ることが出来るとも言えます。

このような本質的なSEOの取り組み方については、2015年版のSEO入門書「10年つかえるSEOの基本」という本(当社の土居が執筆しています)の中で初心者向けに分かりやすく解説していますので、ご興味あるかたは是非ご購入下さると嬉しいです。

さて、ここからは專門的な解説にならないように注意しつつ、まずはSEOという概念の前提となる検索エンジンそのものについて解説していきます。

検索エンジンの収益モデルは「検索連動型広告」の広告収益

Googleのような検索サービスの主な収益源は、検索結果に表示される広告(検索連動型広告、リスティング広告)がクリックされることによって発生する広告収益が多くを占めます。

SEOを実施することは、検索の世界を更に豊かにすることでもある

最後に、ここまでのお話を理解した上で、SEOというものが「検索」という世界において、どのような役割を果たすべきものなのかを解説します。

検索エンジンは不完全、ユーザーやサイト運営者が注意を払う必要もある

Googleの検索エンジンとしての完成度は日に日に改善しています。昔のように「日常的な事柄について検索していたのに出会い系サイトに辿り着いた」などということはほとんどなくなっているでしょう。

不完全というのはどういう根拠のもとで言っているかと言えば、
・検索する人が検索する言葉をある程度考えて打ちこまないとうまく欲しい情報に辿りつけないことが多い
・サイトが検索エンジンが理解できるように作られていないときちんとヒットしないことが多い
・ユーザーが本来求めていないような情報が上位に表示されることが多い
などの点からです。

適切な検索キーワードが上手く思いつかなかったり、見たいサイトが検索エンジンにとって読み取りにくい仕様で作られていたりすればユーザーは見たい情報に辿りつけませんし、また、未だに内容として間違いだらけの情報が上位に表示されていたりもする

このような理想と現実とのギャップが存在しています。Googleのような検索エンジンは、このギャップを埋め、よりユーザーにとって利便性の高い検索サービスとなるように、日々その仕組みを改善しているのです。

申し込み・お問い合わせ:E-mail

下水道カメラ 主要製品

下水道カメラ 技術映像